• ホーム
  • ブローバルサービス
  • 不動産登記 債権・動産譲渡登記
  • 会社・法人登記 法務
  • 個人のお客様
  • 事務所概要
  • お問い合わせ

企業法務 契約書・公正証書作成

取引先等の会社間の契約書
企業内での従業員と企業間の契約書
一般消費者と企業間の契約書
個人間の契約書 etc

  • インターネットや本の雛形をそのままご使用していませんか?
  • 数年前に作成したものをそのままご使用していませんか?
  • 旧知の仲だからと契約書の作成を省いていませんか?

契約締結時は「契約をする」という前向きな作業に気持ちが集中してしまいがちです。その後のトラブルを予測して、契約書に不備がないか検討することは当事者にとっては大変難しいものです。

しかし、日々動いている企業活動とトラブルとは、表裏一体のものと認識する必要があります。契約書はとりあえずサインすれば良いというものではありません。トラブルを事前に回避するために、また、トラブル発生時の対処をよりスムーズにするために、個別具体的な案件に応じた契約書を作成する必要があります。

また、法令は日々改廃されており、企業活動も日々目まぐるしく動いています。日常的にご使用になっている契約書が現行法令・企業活動に合っていない例も多々見受けられるので、定期的にチェックすることをお勧めいたします。

その他にも株式総会の準備や議事録の作成、各取引の法的妥当性検討等、専門家のサポートが必要な事項について、お気軽にご相談ください。